所長あいさつ

 放課後児童クラブとは、授業の終了した放課後及び長期休業その他学校休業日等において、適切な遊びおよび家庭的な雰囲気をもった生活の場を与えて,その健全な育成を図るとともに,仕事と子育ての両立を支援する場です。しかも、学校でもなく、家庭でもなく、子どもが主体となった異年齢集団の活動の場です。

 CANVAS は、放課後児童クラブとしての基本理念を忘れることなく、子どもたち同志が互いに交流する中で、それぞれの特性を発揮しながら、健全な成長を促す場でありたいと思います。限られた時間ではありますが、保護者にとっても、社会にとってもかけがえのない子どもたちを預かる責任と使命の大きさを痛感しています。

 子育て四訓と言うのがあります。

  乳児は、しっかりと肌を離すな
  幼児は、肌を離せ、手を離すな
  少年は、手を離せ、目を離すな
  青年は、目を離せ、心を離すな

小学生は、幼児から少年に向かう年代です。その意味では、甘えを受け入れながらも、見守りながら少しずつ自立を促す時期かと思います。言うは易し、行うは難し。同じ小学生といえども、6才から12才まで、身心ともに成長著しい時期であり、また個人差もあり、その指導や支援は一律にはまいりません。しかし、臆することなく、子どもたちの伸びる力を信じて、見守って行きたいと思います。